カップルにオススメの物件の条件とは?

同棲生活をしたいと考えているカップルは、賃貸物件の選択に失敗しないように気を付けなくてはいけません。将来的に結婚まで視野に入れているときには、それに応じた物件を探す必要があります。

まず、どの年齢層のカップルが同棲をするかによって必要になる条件は異なります。例えば、学生で同棲生活をしたいと考えている場合には、必要以上に家賃が大きくなる物件は好ましくありません。一般的にも、学生が一緒に暮らしていくような物件では、支払い能力が本当に存在するのかどうかという観点からも審査が行われます。そのため、最低限の条件が揃った部屋を選択して、まずはそこで生活をしていくことが基本となります。

事実、学生のカップルを対象としたサービスならばルームシェアなどが提供されています。ルームシェアを選択しておけば、空間を共有しながら最低限揃った設備で一緒に暮らしていくことが可能です。学校に通うときの交通機関を考慮しても、外国人留学生などが利用するルームシェアを学校の近くで利用できる可能性は十分にあります。

反対に、社会人カップルとして同棲生活を考える場合には、間取りに気を付けなくてはいけません。共働きを想定して賃貸物件を探す必要がありますので、仕事ができるスペースや本人同士で1人の時間をとれる空間を作っておくことが不可欠です。同棲生活の場合、同じ空間内で仕事優先の生活をしているとトラブルの元になってしまいますので、そういったことにならないようにするためにも共働きの場合は大きめの物件を探すことが大切です。

また、同棲生活では収納スペースも非常に大切です。男女では利用する生活用品が全く違いますので、それぞれの立場で使うことができる必需品は分けて収納できるように工夫をしておく必要があります。間取り上では、それぞれの部屋で利用できる収納スペースが個別に存在することがベストです。

さらに、結婚を想定しているのならば将来的に家族が増えたときのことやペットを購入することを前提に部屋を探すことも大切です。子どもに関しては、保育園などに通うときに交通機関が必要になるケースもありますし、ペットについてはそもそも当該物件で良し悪しに大きな違いが存在します。ですから、失敗しないためにも将来の想定をして準備をすることが重要です。

ただ、1つだけ気を付けておかなくてはならないのがカップルが破局をしたときのことです。破局をすると、生活環境が変化するだけではなく賃貸借契約上の制約や家賃の問題など様々なトラブルが発生します。管理会社と揉めないようにするためにも、念のために全ての問題点を想定して物件を探すことが大切です。